トップ

注文住宅のこだわり

こだわりの注文住宅を建てる前に

建てる前に準備することと理由

自分や家族のこだわりを反映させた理想の住宅を建てるなら、注文住宅を選んでみてはいかがでしょうか。

建売のものを購入して後から改装を繰り返すより、見た目もキレイで自分や家族独特の生活習慣にマッチしたものになります。

そんな注文住宅をより満足のいくものにするには、どのような点に注意すれば良いのか、こちらでご紹介します。


■妥協点とこだわりを明確化しておくことが重要
注文住宅を考えたら、不動産業者を訪ねる前に準備が必要です。

どんな家にするか、どこにこだわるか、不動産業者やハウスメーカーにしっかり伝えるためにも、事前に要望をまとめておくことが大切です。

まず、新しい家で同居する家族との話し合いを何度も行いましょう。お互いが譲れない点、妥協できる点を明確になるまで話し合い、まとめていきます。キッチンやリビングなど、自分だけが所有するスペースで無い場合は、特に話し合いを事前に行わないと施工までにもめるケースが多いです。

各ハウスメーカーの住宅展示場やサイトに掲載されている施工例を参考にするのもおすすめです。漠然としたイメージが、あるモデルハウスで実物を見た途端に「これだ!」と固まることも少なくありません。

イメージが固まったら、最後にまとめた内容を一つずつチェックしていきます。本当に注文住宅でなければ叶えられないこだわりなのか、建売の一部にオプション適用で解決できるのではないか、という点です。

たとえば「浴槽はこの色が良い!」程度なら、建売の方が安く済む可能性もあります。一方で防音ルームのようなものは、構造の設計段階から考えた方が、より防音性の高い部屋に仕上がります。このような違いを見極めて、注文住宅を選ぶか否かを決定します。


■土地選びは条件の有無に注意
注文住宅にすることを決めたら、いよいよ不動産業者で土地探しです。

注意しなくてはならないのが、土地の中には「建築条件付き」の土地があるということ。特定のハウスメーカーしか選べなかったり、住宅に構造制限(3階建て以上はNGなど)があったり、何らかの事情を持っている土地です。

土地自体に構造制限などがなくても、土地の一部を公道として提供しなくてはならない場合もあります。土地探しから不動産業者と行うつもりの人は、そのような事情ありの土地ではないか、きちんと確認しましょう。

じっくり検討して、妥協ではなく必ず満足のいく土地で建てることが大切です。

■不動産業者との打合せも妥協は禁物
不動産業者が提示してくるドアなどのパーツは、カタログの中でも主にスタンダードのものを提示されます。理想的なデザインや色がそのカタログから選べない場合は、無理してその中から選ぶのではなく、「その中では選べないなあ」と悩んで見せるのもコツです。

こうやって悩んだそぶりを見せることで、通常提示していないデザインや色からも選ばせてもらえる可能性があります。

不動産業者からすれば、せっかくの見込み客が他のデザインや色を提供できないことで、契約を逃してしまったり、ドア一つ選ぶのに想定以上の人件費を掛けるのは惜しいと思うのでしょう。通常価格より元値のかかるパーツであっても、より早く契約まで結び付けた方が良いと考えるのです。

ただし、契約直前でのキャンセルをした場合、「不法行為」とみなされ訴えられる可能性もあるの注意が必要です。

Copyright © こだわりの注文住宅を建てる前に. All rights reserved.